丸盆制作① コクソ彫り

DSC_0146DSC_0145

毎日、何を書けばいいのか悩んでしまうタイプで 夏休みの宿題の日記を書くのが苦手だった私…。書くことがあれば続けられるはず…!ということで、丸盆ができるまでで、漆の制作工程の説明をしていきたいと思います。

 

DSC_0151

桐のはしばみ底板の丸盆です。

【はしばみ】 …無垢の板は乾燥すると反ったり狂いが出てきてしまいます。それを とめるための板組です。

 

では作業です!

まず、コクソ掻いするために コクソ彫りをします。

 

【コクソ彫り】…コクソ掻いをするために 木地の接着部分や割れ、節を彫り広げること。

【コクソ掻い】…掻い は カイ と読みます。コクソ彫りした箇所にコクソを充填して補強すること。

と書くとややこしいですが、接着部分の確認や 木地が痩せて接着部分が線で出てきてしまったり、割れたりするのを防ぐためにする作業です。

DSC_0152DSC_0153DSC_0154

彫刻刀で板と板の接着箇所を彫ります。補強のための作業なのであまり深く彫る必要はありません。貫通させては元も子も無いので(笑)

板に節がある場合はそこも彫り、おもて うら両面を彫ります。

DSC_0156DSC_0157

DSC_0158

こんなカンジ。これでコクソ彫りは完了です。

 

コクソ掻い に続きます(*^^*)

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

>

コメントを残す


CAPTCHA