包丁の柄の修理③

布目をサビ漆でおさえた後は、地付けをしてデコボコをキレイに。乾いたら研ぎをします。

地付け→研ぎ→地付け→研ぎ…の繰り返しをして形を整えるのが漆の仕事。ヒジョーに地味な仕事です!(笑)こちらは研ぎをした後。布目と付けた地が見えますね。

が!お家の包丁の柄なので、ある程度なめらかになれば塗ってしまいます~。

黒漆を塗り塗り~。

1回目の中塗り漆を研いだところ。中塗りを入れて研ぐと、見えにくかったデコボコが丸わかりになります。

お盆とか平らな面があるものをキレイに下地ができたぞ!って塗り研ぎすると、見えにくかったデコボコがハッキリ見えてきて「ぐぬぬ…!」ってなります(笑)

>

コメントを残す


CAPTCHA