金継ぎ -番外編-

金継ぎ 番外編ということで、金を蒔かないヒビ修復です。

ぶつけてしまったのかヒビが入って お茶がにじんでしまっていたので、漆で塞ぎます。

すでに一度ヒビを漆でなぞって塞いでいたのですが、少し進行してしまったのが水漏れの跡でわかりますね。もう一度ヒビを塞ぎます。

やり方は簡単!

ヒビの部分を漆をつけた筆でなぞるだけ‼

以上です(笑)

 

ヒビは割れと違い、埋めるべき場所が水分がにじんでくる程度しかないので、それしか やりようがないのも あります。

前回 漆を塗った部分を軽く研いでから ヒビを筆でなぞっていきます。

ヒビを漆でなぞると 毛細管現象でヒビの中に漆が入っていきます。

外側、内側両面から漆でヒビをなぞったら、しっかりと乾かして完成です。

これで、お茶を淹れても大丈夫♪

 

金を蒔きたいどうかは好みですので、この急須には似合わないかな…と思ってしませんでした。

ヒビをなぞる漆も 今回は透き漆を使いましたが、黒漆や朱漆でも印象は変わると思います。

いろいろチャレンジして たのしみましょう♪

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

>

コメントを残す


CAPTCHA